2021年5月20日に発生したフラッシュローンアタックに対するBunny Financeからの補償 -Go Forward Plan について -

-補償内容に関する一連のお知らせ-

まず、こちらの記事はBunny Financeの公式mediumを翻訳し要約したものです。
公式の記事LINK

入出金の再開について

UTC
2021年05月21日(金) 06:30
日本時間
2021年05月21日(金) 15:30

0.5%の出金手数料について

当面は手数料無料

1 BNB辺りの固定排出率について

TVLを元に戻していくため、以前よりもAPYが高くなるような仕組み設計になります。
名称は”NER - New Emission Rate”

New Emission Rateの算出方法

X BUNNY / @ BNB
X > 125%
BNBの市場価格/ BUNNYの市場価格


BNB のFVが300ドルの場合、BUNNYが30ドルの場合

X= (125% of 10 ) = 12.5 ←新しい排出量

既存のBunny Poolの利用について

Bunnyのトークンを持っているユーザーは、誰でも元のプールにBunnyをstakeすることが可能です。

エクスプロイトまでに蓄積された成功報酬を引き続き分配し、この金額は約5,500万ドルで、今後90日間にかけてstakersに配布されます。

5,500万ドルは、TVLの平均が10~20億ドルの場合、プロトコルが3ヶ月に渡ってプールを介して配布したものとほぼ同等であることに注意ください。
したがってエクスプロイトの前に蓄積された全ての成功報酬は今後90日以内にBunnyをstakeする全ての人に分配されます。

pBunnyについて

オリジナルホルダーに対しては、pBunny ( = Platinum Bunny )を発行します。
このpBunnyを配布することによって、既存ホルダーに対して補償を行います。
配布方法はエアドロップです。

pBunnyの報酬プールについて

pBUNNYは上記の青丸で囲ってある"Comensation Pool"にstakeすることができます。
このプールの報酬費用の財源は、以下の4つです。

1 Performance Fee Contribution

明日からの90日間、プロトコルの利回り30%のBunny Distributionが報酬プールに蓄積され始め、過去の実績に基づくと、pBUNNY保有者は報酬プールを通じて合計3,000万ドルの成功報酬を受け取ることが期待できます。

2 Bunny Team Contribution

明日からチーム側はプロトコルから受け取った全てのバニーを報酬プールに送信します。

3 Recovered Funds Contribution

現在、バイナンス、その他多くのチームメンバーと連携して、追跡及びブロックをしてます。
それらから回収された資金を全て報酬プールに送信します。

4 GFI Token Contribution

「貸し出し」と「交換」を組合わせた新しいプロトコルのプロジェクトトークン、コードネーム”QFI”を約60日後にローンチし、pBUNNY保有者に1:1の割合でエアドロされます。
新しいプロトコルは、AAVEやVENUSのような、単一の資産貸付リターンを生成する機会を提供すると同時に、UniswapV3でのような特定の価格帯で高い集中流動性リターンを受け取るオプションを提供します。

このプロジェクトQFIは次世代の貸付プラットフォームであり、これほど早い段階で一般公開するこ予定はありませんでしたが、今回の兼で影響を受けたユーザーへの最適補償を勘案した結果、このトークンを提供する事が正しいと感じました。

pBUUNY保有者は、場合によっては毎日報酬を請求することが可能です。

pBUNNYのSwapについて

90日間が経過後にpBUNNYはBUNNYへとSwapできるようになります。
下記の計算方法については、公式のmediumを確認ください。

  • Total Compensation In Hand at the end of the 90 days (TCIH)
  • Total Accrued Compensation (TAC)
  • Total Compensation Pool Shortfall (TCPS)
  • Number of BUNNY swapped per pBUNNY (NBS)
  • Total Circulating BUNNY Post-Swap

バイバックとバーンについて

流通数を制御するために、積極的な対応をしていきます。

当該記事についてご注意事項

当該記事は、下記の記事に書かれている内容を翻訳しまとめたものです。
全ての内容を網羅的にカバーしていないので、内容を精査される場合は、下記の記事へアクセスください。
https://pancakebunny.medium.com/go-forward-plan-e29e58bc375f
投資を推奨するための記事ではありません。

自分の資産を守るために

大事な資産はハードウォレットと連携させて失うリスクを減らしましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事