初めてVintage Tiffanyを買おうとしている方は、どんな物を買えば良いんだろうと迷う人も多いと思います。

プレゼントとして、自分へのご褒美として、ストレス解消、景気づけ色々な物語があるのでしょう。

このサイトでは、各カテゴリに対して「定義」付けを行っておりますが、もし貴方が買おうと思うのならば、下手な蘊蓄は抜きにして自分の「直感」で欲しいと思ったものを(=身に着けたいと思ったもの)を手に取るのが一番でしょう。

非常に奥が深い世界ではありますが、そもそもジュエリー・アクセサリーの本質は使い倒すもの。引き出しの奥でで眠らせるより、常に着用できるものが良いと思います。

では、そんな時に気にするべき大事なポイントを3つ伝えます。

【値段】決して安いものではありません。自分の懐が痛まない物を選びましょう。無理して購入してモチベーションを無理やり上げるという考えもありますが、何が起きるか分からないのが今の世の中です。リボ払いやカードローンして買うものではありません。Vintageは、「ご縁」です。その時に買えなくても必ず良いものが出てきます。

【デザイン】自分の「直感」を第一に。センスに自信が無ければ磨きましょう。磨けます。気に入るものが出てくるまで、「探して」ください。「ラスト1点」、「在庫限り」、「一生物」、これはその場限りの売り文句です。「直感」を信じて買わなかった物は、「飽きて」手放すことになります。貴方が好きになったデザインが、一番のデザインです。

【状態】「石」は玄人向け。最初のVintageではおススメしません。状態によって値段も変わります。ある程度、自分の中で状態別価格判断ができるようになってから買いましょう。ブレスレットやネックレスの「金具」はちゃんと動きますか。物によっては修繕できない物もあります。しっかり確認を。ちなみに「黒ずみ」や「小傷」などはクリーニングや研磨で解決します。

サイト利用上の注意

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事