わかりやすく解説 - SYMBOL | XYM でハーベストを行った場合の利率は何%なのか?

はじめに

これからXYMを購入するに辺り、実際にハーベストを行うことによって得られる利率は何%ぐらいなのか、XYM を購入する前に知りたい方が多いと思います。もしくは、既に持っているけど、今後どうしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

ハーベストが美味しいのか / 美味しくないのか。

結論を先に書くと、年利150%超えも可能です。美味しいですね。

しかし、各ホルダーによって収穫出来る量が異なるものの、場合によっては年利10%に満たないケースも予測されます。そうなると全く美味しくないですね。

ここで、10,000 XYM ホルダーだと美味しくないのか?

と思った方が多いかもしれませんが、それはNoです。

10,000 XYM ホルダーでもノードを建てた場合、量と質の総当りで非常に美味しくなります。

この記事では、シミュレーションと実際に10,000 XYMでもノードを建てて毎日収穫を発生させているケースの2パターンで利率を確認していきます。

*この記事では、 1 XYM = ¥30, $1=¥110で換算しています。

10,000 XYM 保有者がノードを建てた場合の想定ケース

上述した通り、10,000 XYM ホルダーでノードを建てた場合の利率を計算してみましょう。

-XYM保有者の条件-

・保有XYM - 10,000 XYM
・ノード - Allnodesによるリモートノード
・その他 - TwitterやNemlogでノードへの委任PRをして、50人の委任者を確保

-委任者の内訳 -
10,000 ~ 1,000,000XYM 様々。

1,000,000 XYM保有者が1人いた場合、そのノードは毎日1回以上の収穫が発生します。
*100,000 が10人でもOKです。

もし委任者からのハーベストが毎日1回発生した場合・・・

@ 48 XYM x 30日 = 1,440 XYM
→ 1ヶ月の収益は最低¥43,200になります。

ノード構築者の保有XYMが 10,000 XYM ( = ¥ 300,000 ) / 必要経費 Allnodesの場合 $40 ( = ¥4,400)

非常にざっくりとした計算ですが、

委任ハーベストによる収益 - ¥43,200 x 12 = ¥518,400
Allnodes 経費 - ¥4,400 x 12 = △¥52,800

Net ¥465,600

¥465,600 / ¥300,000 = 155%

年利155%です。

これ加えて、その他の委任者たちからのハーベスト手数料と自分の保有しているXYMで発生する自己ハーベストの報酬約180XYMが発生することを加味した場合、非常にアツいです。

しかし、ノードを建てず、10,000 XYMを保有 (=インポータンススコア0.0001%)、ハーベストをデリゲートのみにした場合、106日に1回程度の割合での収穫になるので、年間に獲得できるXYMは

134 XYM x 3 = 402 XYM ( = 約¥ 12,060 )


です。

その場合、年利約4%程ですので、仮想通貨の世界に置いて保持しているメリットは特にありません。

10,000 XYM 保有者がノードを建てた場合の事例

ハーベスト実績って、誰でも見れてしまうので、実際に見てましょう。
今回は、こちらのサイトを参考にさせていただきました。

この中に、インポータンス0.000196 %で驚異的なハーベストを発生させているノードがあります。
*どのノードかは、各自で探してください。

*2021年5月16日の時点
初回ハーベスト 2021年3月25日
収穫数 130回

自己ハーベスト - 1回
委任者によるハーベスト - 129回

計算してみましょう。

1回 x 182 XYM = 182 XYM
129回 x 48 XYM = 6,192 XYM

獲得合計 6,374 XYM ( = ¥ 191,220 )

3月 - 7日
4月 - 30日
5月 - 16日
合計対象稼働日53日

保有数 10,000 XYMスタートと仮定しましょう。

6,374 XYM / 53 日 = 120 XYM / 日
120 XYM x 365日 = 43,800 XYM
43,800 XYM x ¥30 = ¥ 1,314,000
1,314,000 / 300,000 = 438 %


です。

わかりやすいように、簡単にしましたが実際は委任枠数も上限に達していないので、これからもっと増えると予測できます。

結構化け物ですよね。

実は、こんな事が毎日起きてるんですよ。

しかし、委任者集めるのには「信頼」や「安心感」なども求められますし、集めている方は結構TwitterでもSymbol普及に向けて発信を日々行ってます。これは、個人的にはすごいなと。

なので、そこを頑張れば、100%超えも余裕ですので、これから頑張りたい方はぜひ頑張ってください。
Twitterのプロフをアニメキャラの女の子や、女性の写真にして、Symbolについて常にポジティブな発信していたら委任者が増える確率は、こういうブログ書くよりも上がると思います。

まとめ

冒頭の結論にも記載したとおり、10,000 XYMホルダーでもノードを建てた場合の利率は100%超えを狙うことが出来非常に美味しいです。しかし、10,000 XYMでノードを建てずに委任ハーベストを行う場合、特に「資産を増やす」という観点では美味しいとは言えません。

10,000 XYM ホルダーがノードを建てた場合 : 利率100%以上狙える。
10,000 XYM ホルダーがノードを建てなかった場合:期待値として年利4%。

そのため、50,000 XYM 以下でノードを建てない場合、BSCで動いたほうが立ち回り次第では稼げるため、「リターン」を増やすことに重きを置くならばXYMを手放すのも視野に入れて良いとも思っています。

Symbolは、インフラ系トークンという立ち位置のため、「収益」の部分に対する考えが人それぞれ異なりますが、仮想通貨に手を出した人の共通理由は、「ブロックチェーンで社会に貢献する。」ではなく第一に「資産を増やす。」ではないでしょうか。

Twitterなどでは色々な情報が飛び交って、的確な判断ができなくなる場合もありますが、下手に特定の通貨のグループの考えを鵜呑みにしていたら増やせるものも増やせなくなるので、実際の成果数値を参考に各自で判断してください。

今回の記事が、次のアクションの参考になれば幸いです。

最後に

今回算出した利率は、分かりやすさ重視のため、100%正確な数値ではありません。
正確に利率を算出したい場合は、参考にしたサイトなどから実際の収穫実績やレートなどを加味した上で各自で計算してみてください。

また、引き続き、私の方も委任者枠が空いてますので委任者様募集します。
今回の計算の結果、特典など検討し始めたので先行的に委任ください。
⇒xym127.allnodes.me

Allnodesを登録する場合は、こちらからどうぞ。
Refferalがもらえます。

おまけ - 委任ハーベストに関する注意点

委任する場合のハーベストに関する注意点を書いておきます。

最近、ノードを建てている側のTwitterでの「セールストーク」と委任者側の「情弱」が掛け算されておかしな事になってるんですが、委任するノードによってハーベストの確率が変わることは無いです。

これについては公式でも書いてありますが、ハーベストを行うに際に重要なのは自身の「インポータンススコア」。そして、ハーベストは「確率」です。
同じ日にハーベストを開始しても、10,000 XYMでハーベスト成功した人もいれば、20,000 XYM保有でもハーベストが発生していないケースは実際にあります。

たくさん委任者が集まっているところは、発生確率が高いため、そこに委任すればハーベストが発生すると思われがちですが、実際の各自のハーベストの確率に変わりは無いです。

また、ノードを頻繁に変えることでハーベストの確率が上がると認識されている場合もありますが、それは単純にパチンコに行って千円ごとに台を移動して「当たった」と喜んでいるのと同じです。
そして、ノードを建てる側は、XYMを保有していなくても建てることが可能です。

委任先を決めるのは、各自の自由ですが、「セールストーク」に振り回されないようにしましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事